有料動画視聴の課題点

伝えるべき動画利用方法

有料動画視聴の課題点

ドラマや映画やアニメなどを、有料動画で観るというスタイルが一般的になりつつあります。これは、ひとえにパソコンやスマホが1人1台レベルまで普及したことがとても大きいと私は思います。市場が大きければ、それだけ売り上げも上がりやすいというのは経済の基本的な構図ですから、こうして有料動画市場が伸びているのは、必然と言っても良いのではないでしょうか。

 

しかし、動画を利用する立場の人間からすると、動画に対してお金を払うということにまったく抵抗がないわけではありません。多くの人がドラマや映画やアニメなどを個人で視聴するとき、今までは、ビデオに始まりDVDもしくはブルーレイで視聴していたと思います。

 

それらに比べると、動画視聴というのはやや劣る面があります。その大きな点が画質です。いくらパソコンの液晶ディスプレイがキレイになったと言っても、テレビは多くがフルハイビジョンですし、最近では4Kテレビというさらに高画質なテレビも登場しています。それを考えると、動画視聴の画質はやや劣っていると言っても過言ではありません。

 

しかし、それに反して料金は動画視聴のほうが高いのですから、まだまだ動画視聴は課題が山積みです。

 

ですが、動画視聴がこの先値崩れしていけば、もっと普及するはずだと私は思っています。

ホーム サイトマップ
伝えるべき動画利用方法TOP Site Map